取り扱いは要注意

クレジットカードを巡る事件や犯罪が跡を絶ちません。


その手口は一つではなく、さまざまな種類があります。
そして、その入り口も、普段の買い物からインターネットを使ったものなど、手法も巧妙になっています。


クレジットカードの犯罪などに巻き込まれないようにするには、どうしたら良いのでしょうか?一番良いのは、使用しないことですが、それでは持っている意味がありません。
正しい使い方をすることで、自ら犯罪に手を染めることはありませんが、心配なのは自分が被害者になってしまうことです。
基本的に、クレジットカードは磁器で情報管理をしています。
銀行などのキャッシュカード、磁器のキーなども、あらゆる情報を磁器に入れて、それを読み込んで利用することができます。


ですから、クレジットカード盗難に遭い、その磁器情報を抜き取られた時点で、すべての情報を知られてしまうことになります。


ただし、暗証番号などは大丈夫と思うのは早計です。


そこまで行ってしまう犯罪者は、暗証番号の特定程度のことは簡単に行ってしまいます。
ですから、もし自分のクレジットカードがおかしな使い方をされているという時には、必ずクレジットカード会社に連絡をして、使用できないようにすることが、犯罪に巻き込まれない第一歩です。
もし盗難にあったり、落とした場合には、たとえ夜中であったとしても、クレジットカード会社に連絡を入れて、今後の行動を確認してください。


このような犯罪は年々増加しています。


Copyright © 2014 クレジットカード犯罪 All Rights Reserved.